マンション

定期検査で安全性を守る

集合住宅

エレベーターは定期的に点検するよう義務付けられています。検査には定期点検と保守点検があり、エレベーターの管理者や所有者は通知を受けたらメンテナンス会社等に依頼して、安全保守や性能保守など専門技術者による検査を受け安全を確保します。

メンテナンス専門の会社

エレベーター

エレベーターの保守管理は従来はメーカー自身が行っていましたが、最近では保守管理専門の会社が人気を集めています。コストを削減して低価格でサービスを提供しているのが特徴で、エレベーターのリニューアル工事にも対応しています。

安全に利用するための管理

作業員

エレベーターの保守管理費は負担が大きくなりがちですが、最近ではメーカーではなく、保守管理サービスを提供する独立系の会社が増えています。質の高いサービスを低価格で提供していて、緊急時にも万全の体制を整えているので安心です。

快適に過ごすために

ボタン

定期的な検査が必要

マンションメンテナンスをするうえで、特にエレベーターのメンテナンスは重要となります。利用する目的として、エレベーターの定期的なメンテナンスは建設基準法で定められているという点があります。マンションにとってエレベーターは必要不可欠なものです。特に高層マンションとなると住民にとってエレベーターは大きな役割を果たします。日常生活の中で安全性も重要となるエレベーターは、専門の業者による精密なメンテナンスが必要となります。定期的に検査するのですが、頻度として約1カ月おきが目安です。事前にメンテナンスすることによって、利用者の安全を確保することができます。車椅子の利用者やお年寄りへの安全性も重視されており、誰もが快適に利用できる空間が必要となります。

安全に利用するために

エレベーターのメンテナンスは、専門の業者に依頼することから始まります。その際に気をつけることが、マンションに最も合った業者を選ぶことです。どこの業者に依頼すれば良いかわからない場合は、複数の業者を比較することが大切です。業者によってもサービスの内容や料金が大きく変わってきます。実際にきちんと話ができる企業を選び、しっかりと相談してサービスの内容確認をすることが大切です。エレベーターのメンテナンスをする際は、利用者へも呼びかけをする必要があります。エレベーターのメンテナンスは義務付けられているため、余裕をもって業者に依頼することが重要です。事故を未然に防ぐため、優良な企業を見極めることが大切です。